フォトスタジオのスタッフに依頼【初めての人でも安心】

最新の映像表現手段

カメラ

現実感を追求

動画を使ったプロモーション映像は、訴求効果が高いことから多くの企業が取り入れています。動画にはいくつかの表現方法があり、中でも話題となっているのがVR撮影というものです。バーチャルリアリティの略であるVR撮影は、あたかもその場所にいるような存在感や現実感を持つ映像を作れるのが特徴です。撮影の際に360度撮影を行なっているためで、商品や空間を様々な角度からフィルムに収めます。それらをつなぎあわせて仮想的な空間を作り出すことができ、従来の映像よりもより本物に近い仕上がりとなります。また、動画といえばディスプレイなどに映されたものを見るのが一般的でしたが、VR撮影は専用のメガネを用いて見ることができます。これもまたVR撮影された映像の中に没入し、従来とは違った体験を可能にしています。360度撮影によって作られた映像は情報量が多く、高価な商品を検討する場面において活用が始まっています。自動車などがその例で、以前は細部を確認するにはカーディーラーなどを訪れる必要がありましたが、VRによる映像をホームページに設置することでオンラインでも確かめられるようになりました。ユーザーが自由に車の角度を変更できるので、細部の形状や車内の雰囲気なども気軽にチェックできます。撮影にはVR用の特殊な機材が使われます。方法や編集にも専門的なスキルが求められるため、VR映像を作る際には専門業者に委託するのが普通です。単なる映像を請け負っている業者ではなく、VRの実績を持つところにお願いするようにしましょう。

Copyright© 2018 フォトスタジオのスタッフに依頼【初めての人でも安心】 All Rights Reserved.